外国人の方の会社設立についての規制が緩和されました

 平成27年4月1日より、外国人が日本で会社設立をする際の在留資格の要件が大幅に緩和されました。この在留資格「投資・経営」を取得するのはかなりハードルが高く、実際に外国人が日本で起業することはとても難しいことだったのです。
  

 今回の改正では、在留資格の名称も「投資・経営」から「経営・管理」に変わり、内容も以下の点が変更されていて、これによって外国人の企業が大変しやすくなっています。

< 経営・管理ビザの特徴 >

  1. 資本金500万円以上が必須ではなくなりました。
  2. 会社設立前でも「経営・管理」の申請が可能に。
  3. 「経営・管理」の在留資格に4カ月の在留期間が新設され、在留カード発給の対象になりました。

リンク


VISA&LIFE support in みやぎ (在日外国人生活支援NPO)

ドリームワン行政書士事務所 (行政書士事務所の総合サイト)

自分でお店をつくろう (飲食店開業支援 行政書士